不器用な子どもへの支援にっき

発達障害児を育ててます。効果のあった支援やグッズを紹介しています。

漢字テスト 小3

たぶん、書字障害があると思われる息子。

漢字を書くこと、覚えることは苦手です。漢字ノートの宿題は減らしています。

漢字テスト対策は下記のことをやるようにしました。

『テスト前に一度やっておく』

『忘れたころにもう一度書く』

 

これを始めてから合格点(80点)をだいぶとれるようになりました。

本人も再テストを受けなくても良いので喜んでおります。

 

テスト前に一度やっておくと良い理由(あたりまえですが)

『書けない漢字がわかること』

『不注意によるケアレスミスが減る』

 

とにかく忘れることが多い息子。名前の書き忘れはないのですが、わかっている漢字を書き忘れたり、送りがなを忘れることが多いです。書くのも遅いので時間がなくなって書けなかったり。

そんな状況を少しでも減らすには一度経験しておくというのが効果的。

 

【関連記事】

www.happy-yume.com

 

事前に漢字テストを私が作成して、息子にやらせています。

間違えた漢字は少し覚える時間を与え、次の日ぐらいににもう一度テストします。

『間違えた漢字を何度も書く』などは、ただの苦痛でしかないのでやらせません。

 

実際のテストはB5サイズですが、A4で作成しているのでやや見やすくなっています。

息子が使用しているドリルは明治図書出版のくりかえし漢字ドリルというものです。

PDFファイルにしてみましたので、同じのを使用している方はテスト対策にどうぞ!!

 

こちら(明治図書出版 くりかえし漢字ドリル 【28】)